肌バリアは2層に分かれている

肌のバリア機能は、一番外側部分の第一バリアと、その下層にある第二バリアがあります。第一バリアは皮脂膜であり、皮脂分泌がすくなくなってしまうとこのバリア機能も低下してしまい、雑菌やアレルギー物質などが侵入してしまうのです。第二バリアは表皮の角質層に含まれている細胞間脂質になります。細胞間脂質は肌を健康な状態にするためには必要不可欠であり、特にセラミドは減少すると、乾燥肌が進行してしまうと言われています。

 

【セラミドの効果と重要性について】


セラミドは細胞間脂質に含まれる主成分であり、アトピー性皮膚炎の患者さんの肌にはセラミドが不足していると言われています。セラミドがあると、肌にしっかりと保水をすることができるので、潤いのある肌を維持できるので第二バリアが崩れてしまうことはありません。しかしセラミドは、外から摂取するのが難しいと言われています。体内で合成されている成分になるので、体外から摂取しても、きちんと機能していない場合が多いでしょう。

 

【セラミド生成を促進させるビタミンCとは?】

セラミドを口から摂取しても、消化酵素などで分解されてしまう場合が多いので、ビタミンCを摂取することでセラミドの生成を促進しましょう。ビタミンCは肌によいと言われており、抗酸化作用が強いので、シワやたるみといった肌トラブルを改善することもできるでしょう。またビタミンCには角質層にあるセラミドの生成を促進させ、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンを増やすこともできるでしょう。

 

 

【ビタミンC誘導体を使用すれば、肌への浸透力を高める】

ビタミンC誘導体はビタミンCよりも、肌への浸透力が高く、徐々に吸収されていくうちにビタミンCの形にもどると言われています。
セラミドとビタミンC誘導体は非常にお肌に浸透する成分で、相乗効果を発揮する事が画像でもわかると思います。