アンチエイジングと化粧水対策

40〜50代は肌の老化が進行してしまう年代になります。きちんとしたアンチエイジングを行わなければ、肌のシワ、シミ、たるみなどはどんどんひどくなっていくでしょう。老化防止のためにできることは、毎日のスキンケアをきちんと継続することです。20代では何もしないでも、肌のハリは保つことができましたが、40〜50代の肌は乾燥しやすく、ハリもなくなってしまうでしょう。40〜50代の肌におすすめの化粧水を使って、乾燥肌対策を行っていきましょう。

 

【肌の老化を早めてしまう原因とは?】


40〜50代になると、ホルモンバランスが崩れてきます。そのため、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが生成されにくくなり、減少していくと言われています。コラーゲンやエラスチンは肌の弾力に関与している成分になるので、ホルモンバランスを保ち、コラーゲン、エラスチンの生成量を増やすことで、肌のたるみやシワなどの老化防止につなげることができるのです。

 

【紫外線は肌の老化につながる?】


太陽の光を浴びると、紫外線に当たることになってしまいます。この紫外線は肌の老化を早めてしまうので、アンチエイジング対策をしている時には、必ず日焼け対策を行うようにしましょう。紫外線には、コラーゲンなどの弾力成分を破壊してしまう働きがあるので、肌のハリ、ツヤがなくなり、シワができやすくなったり、たるんだりしてしまうでしょう。

 

【40〜50代のアンチエイジング対策は保湿効果の高い化粧水の使用がおすすめ】

40〜50代の肌に合う化粧水は、ずばり保湿効果が高いものです。グリセリンや、蜂蜜、ヒアルロン酸、尿素などが配合されたものがおすすめです。保湿剤が含まれていることで肌の水分を保つことができますので、乾燥予防につながり、シワやたるみを軽減してくれ、アンチエイジング効果が期待できるでしょう。またコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進させる美容クリームなども、化粧水と併用して使用するとより効果的なケアができるでしょう。

 

⇒乾燥肌がわかるランキングはこちら