シミ対策と乾燥対策で一石二鳥

乾燥肌とシミは関連性がないようなイメージがありますが、実はシミができる原因は肌の乾燥によるものもあるのです。つまり乾燥肌を予防して、しっかり保湿を行えばシミができにくくなり、若々しい肌質を維持することができると言われています。今回は乾燥肌でシミが出来てしまう原因と、シミが出来てしまった時の化粧水による乾燥肌対策のお話をしましょう。

 

乾燥肌とシワの原因と化粧水による乾燥肌対策ならこちらのページで解説しています。

 

【乾燥肌は肌細胞のターンオーバーを遅くする】

シミが出来てしまう原因物質といえば、メラニン色素になります。メラニン色素が生成されることでシミやそばかすなどが増えてしまいます。しかしメラニン色素が生成されても、肌から剥がれ落ちればシミにはならず美しい透明感のある肌でいられるのです。つまり皮膚細胞のターンオーバーサイクルが早まると、古い角質が剥がれおりやすくなり、メラニンも一緒に剥がれていくのでシミになりにくいと言われています。しかし乾燥肌の場合には、肌細胞のターンオーバーサイクルが遅くなる傾向があります。乾燥して潤いがない状態だと、角質層が硬くなってしまうので、古い角質が表面にとどまってしまうのです。

 

【乾燥肌対策をしっかりと行えばシミ予防につながる】

乾燥肌を予防して、保湿をしっかりと行えば、肌は健康的な状態になり、新陳代謝が向上、ターンオーバーサイクルも早まるのでシミが生成されにくいです。乾燥肌を予防するためには、しっかりと保湿を行うことが大切で、基本的に化粧水を使ったスキンケアが重要になります。潤いの肌になれば、シミだけでなく、シワやたるみといった老化現象も予防することができますので、アンチエイジングケアには有効です。

 

【美白&乾燥肌対策の化粧水は美白成分を含むものを選ぼう】

美白成分を含んでいる化粧水を使用すれば、保湿も美白対策も1度に行うことができます。肌が乾燥した状態のままだと、せっかく美白成分が含まれていても、肌の奥深くまで浸透してくれないので、効果を実感できません。保湿をしっかりした上で、美白成分を浸透させるようにしましょう。美白成分としておすすめなのがハイドロキノンやビタミンCなどです。

 

美白と乾燥肌対策を同時でできる
乾燥肌 化粧水をランキングで紹介しています。