乾燥肌と敏感肌の悪循環とセラミド対策

 

乾燥肌と敏感肌は別物、と思われている方も多いかもしれませんが、実は、乾燥肌と敏感肌には密接な関わりがあります。「もともと乾燥肌だから仕方がない」「敏感肌なのでなるべく低刺激のものを使うようにしているけれど生まれつきだから仕方がない」など半ば諦めている、という方もおられるようですが、単なる乾燥肌もしくは単なる敏感肌と思っていても放置しておくと肌トラブルに拍車をかけることになるかもしれません。

 

 

【セラミドが肌を守る働き】

セラミドをはじめとする保湿成分が不足しているにも拘らず放置していると、肌のバリア機能は低下の一途を辿ります。その結果、カビやダニ、化学物質の侵入を防ぐ力が弱まってしまう、紫外線や外気から肌を守ることが出来なくなるなど肌本来の機能が十分に働かなくなり、肌が赤くなったりヒリヒリするなど敏感肌になってしまいます。また、みずみずしさがなくなり肌乾燥も進みますし、メラニンの合成を抑制する働きも衰え肌が黒ずんできたり、そばかすやシミが出来きやすい状態になる、弾力が失われシワが出来るなど肌トラブルが発生することも珍しくありません。

 

このように健やかな肌を保つうえで重要な保湿成分が不足することにより、敏感肌になる方もいれば乾燥肌になる方もいるわけですが、保湿成分不足状態を放置しておくと負のスパイラル!わずかな刺激にも肌は敏感に反応するようになり、かゆみを伴うこともありますし、かいてしまうと角質が傷つき更にバリア機能は低下、水分の蒸発も進み、肌乾燥に拍車をかけることになる。そしていつしか、乾燥肌と敏感肌の悪循環が始まります。

 

乾燥肌と敏感肌の悪循環に陥ってから一生懸命保湿に力を入れても、改善されるまでにはかなりの時間を要することになるので悪循環に陥る前に普段から保湿ケアを怠らないようにしましょう。

 

ちなみに、保湿成分と呼ばれる成分ならどんな成分でもいいからたっぷり補給してあげればいい、というものではありません。分子が小さく角質層まで行き届く成分でなければ浴びるほどつけたとしてもあまり意味がありません。

 

 

【セラミドにも種類がある!】

乾燥肌・敏感肌にはセラミドがいいといわれていますが、セラミドが含有されているスキンケア用品を使うにしてもセラミドが入っているならなんでもいいというわけではありません。人体で生成されるセラミドに近く、肌になじみやすいビオセラミド、セレブロシド、スフィンゴ脂質など動物性のセラミドが含まれているものを選んで使うようにしましょう。

乾燥肌に効く成分セラミドの重要性について

肌の潤い成分であり、肌のバリアと呼称されることもある‘セラミド’。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど他にも保湿成分は色々とありますが、数ある保湿成分の中でも今、最も注目されているのがセラミドです。

 

 

【セラミドの重要性は医学的にも解明されている!】

一昔前から、セラミドの重要性が問われるようになってきていましたが、近年、乾燥肌、敏感肌、アトピー肌の要因のひとつがセラミドの減少にあることが医学的に解明されたことにより、皮膚医学において新たな視点から注目&見直しが開始され始めました。

 

 

【セラミドの役割&メカニズム】

そもそもセラミドとは、表皮の一番上の層である角質層に存在する細胞間脂質を構成する主成分で角質細胞同士を繋ぎとめることにより水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激や異物の進入を防ぐなど様々な役割を担っておりターンオーバーにより生成されます。

 

しかし、加齢や紫外線など外部からの刺激、環境の変化、ストレスなどにより生成力は衰え50代は20代と比べおよそ半分の生成能力しかない、といわれています。ちなみに、20代であれば細胞間脂質の中でセラミドは40%〜65%を占めているのが一般的であり、外部から補給しなくてもみずみずしく弾力のある健やかな肌を保つことが出来ますが加齢に伴いセラミドが減少すると肌が乾燥しやすくなります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、乾燥はあらゆる肌トラブルの原因といわれているように、乾燥はお肌にとって天敵です。そして、お肌にとって最大の敵である乾燥から肌を守ってくれる強い見方がセラミドです。

 

 

【生成しきれないセラミドは外から補給!】

セラミドの生成には先述のとおりターンオーバーは必要不可欠であり、周期を乱さないように規則正しい生活習慣やバランスの良い食生活を心がけることは非常に大切なことですが、残念ながら加齢に伴うターンオーバーの遅れや生成量が減少する点については努力だけでは補えきれるものではなく外からのケアも必要となってきます。

 

乾燥肌に効く成分セラミドの重要性について理解を深めると共に、生成しきれないセラミドについては、外部からしっかり補い「脱!乾燥肌」を目指しましょう。

 

 

セラミド配合の乾燥肌 化粧水をランキングしています。