「乾燥肌なのに、大人ニキビができる」という状態に困っている人も多いでしょう。

 

乾燥肌は肌の水分が少なすぎる状態だから、水分が蒸発しないように、クリームなどの油分でフタをしなければいけない。かといって、ニキビというのは油分過多の状態を示すのだろうから、油分はこれ以上与えない方がいいってことになる・・・

 

こういったことをいろいろと考えた挙句、「とにか、大人ニキビができている間は肌がべたつかないように、さっぱりタイプの化粧水だけ使おう」という結論に落ち着きがちです。

 

ですが、これは実は間違った判断です。

 

乾燥肌の人が、ほとんど保湿成分のない「さっぱり化粧水」を使うのは、乾燥肌の状態をさらに悪化させる可能性大の、危険な行為なんですよ。

 

大人ニキビのある部分に、油分たっぷりの保湿クリームまではつけなくてもいいですが、保湿成分を配合した化粧水や美容液など、「油分でフタをするのではなく、肌に水分的なうるおいを持たせるためのスキンケア用品」だけは、しっかりと使うようにしましょう。

 

さっぱり化粧水の罠

もし、「保湿力がまるでない、さっぱり化粧水」などを使って、乾燥肌が悪化してしまうと、大人ニキビのリスクもますます上がってしまいます。なぜかというと、乾燥肌がひどくなると「これ以上肌の水分が減ると困るから、もっと皮脂分泌をして肌の水分蒸発を止めないと!」というメカニズムが働き、皮脂分泌過多になってしまうことも少なくないからです。

 

 

 

つまり、「保湿をしっかりする」ということは、皮脂分泌のコントロールにも役立ち、それが結果的には大人ニキビの減少・改善にもつながる、というわけですね。

 

もちろん、大人ニキビの原因は、ストレスや生理周期によるホルモンバランスの変化など、スキンケアの工夫だけでは解決できない部分もありますのが、それでも「適切な保湿スキンケアができているかどうか」という点だけでも、大人ニキビの発生率・悪化リスクは大きく変わってきますよ。

 

乾燥肌とシワの原因と化粧水による乾燥肌対策も参考になります。